水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,300湖

北海道

錦沼(北海道足寄)

北海道三大秘湖のオンネトー湖への流れ込みを500mほど遡ったところに、まっすぐ天を突く原生林に囲まれてオレンジ色の水をたたえる摩訶不思議な池。 ほんとうのところ水はわりと無色に近いのだが、池底や河床に沈澱した褐鉄鉱の色が独特の色を放っている。い…

オンネトー湖(北海道足寄)

百名山の雌阿寒岳(左)と雄阿寒岳はオンネトー湖を引き立てる 「年老いた沼」の名をもつ北海道三大秘湖 北海道三大秘湖に数えられ、水の色がさまざまに変じることからオンネトー五色沼という愛称もあるようだ。 オンネトーはアイヌ語で「年老いた沼」の意。…

当別ふくろう湖(北海道当別)

【当別ダム/とうべつだむ】これぞ台形CSGダムの醍醐味。ダム湖側のコンクリート面は通常、垂直であるが、このダムでは傾斜している。前面も後面も傾斜しているので断面は台形になる 北海道と沖縄・・本当の世界初はどっち? 当別ダムを調べると「日本で最初…

オタルナイ湖(北海道小樽)

【朝里ダム/あさりだむ】壮大な天窓のように非常用洪水吐が横一列に並ぶ。すべての窓から水が越流すれば、どんなすごい光景になろうだろう(2019年撮影)雄大な裾を引く谷を堰いて造られた小樽の水がめ。 アクセス路は二車線で快適。堰体前のループ橋が壮大…

さっぽろ湖(北海道札幌)

【さっぽろこ。定山渓ダム(じょうざんけいだむ)】 札幌の奥座敷とも呼ばれる観光地「定山渓」の名を冠したダムが堰く人造湖。 定山渓ダムという名ではあるが、定山湖というダム湖は別の場所にあり、少々紛らわしい。定山湖は豊平峡ダムが堰く人造湖である…

おしどり沢堆積場(北海道札幌)

インジウム生産世界一を誇りながら2006年に閉山した豊羽鉱山(とよはこうざん)。その廃液処理システムのひとつが、おしどり沢堆積場である。地図上では池の表記になっていて、航空写真を見ると鉱滓ダムであろうことは予想していたが、閉山して埋め立てられ…

王子製紙第一発電所調整池(北海道千歳)

調整池の越流堤(オーバーフロー)支笏湖から流れ出したばかりの千歳川の水を取水堰堤から導水トンネルで引っぱってきた水が、千歳川右岸側の段丘上にあるこの調整池に流れ込む。 見学者用の橋で池の取水口側へまわると、その先は身もすくむような急傾斜の下…

千歳第一ダム(北海道千歳)

ダムの奥に、雄大な支笏湖が広がる 巨大天然湖を堰くのは、日本最古のバットレスダム? 支笏湖の吐き出し側に堰体を設け、深さ360mの巨大天然湖をまるごとダム湖として利水しようという壮大さに驚くが、これが王子製紙という一企業が建設・管理を行なってい…

金太郎の池(北海道苫小牧)

【きんたろうのいけ。緑ヶ丘公園】 深夜に八戸港を出たフェリーは、朝の光とともに北海道の苫小牧港に入港した。その足でまっすぐ金太郎の池をめざした。 苫小牧は湖沼の豊かな町である。市街地辺縁に大小の沼が広がる。 都市公園の緑ヶ丘公園の中にあるその…

姫沼(北海道利尻)

予備知識なしで姫沼が人工池だと看破することは難しい。 利尻島観光で人気の湖は、なんと養殖用の人造池だった? 島南部のオタトマリ沼に対し北部の姫沼は利尻島の両横綱といえる観光スポットであるが、なんとなんと現地の看板でびっくり仰天、大正6年(191…

悲恋沼(北海道えりも)

その名も悲恋沼。えりも岬へとつづく延々たる丘陵の浜辺にぽっかりと穿たれた周囲約400メートルの天然湖。 池名の由来となった本土青年とアイヌ娘の悲話伝説あり。沼のある百人浜は明治時代の開拓で砂漠のようになってしまったものを、人の手で植林を行なっ…

さまに湖(北海道様似)

防災ダムなのでダム湖はそれほど大きくはないものの、そこに棲む魚は・・。重力式コンクリートダムの様似ダムが堰く、道営の洪水調節専用ダム。ダム下にダム公園やキャンプ場がある。 このダムの見どころは階段式の魚道。途中にガラス窓があり、運がよければ…

オンネトー湯滝の池(北海道足寄)

何万匹もの熱帯魚が生息し、ついに国が駆除に乗り出した池。 北海道の三大秘湖のひとつ、オンネトー湖の吐き出し側にある駐車場から遊歩道で1.4km。舗装林道を30分ほど歩いた先にオンネトー湯の滝が見えてきた。 近づくとソーメン流しのような滝が流れ落ちる…

メヌウショロ沼(北海道利尻)

メヌウショロはアイヌ語で「湧水池のある湾」。また何と詩的な名か。北海道では山名の多くでアイヌ語が廃され味気ない日本語名が付せられたことを「百名山」作者の深田久弥氏も嘆いていたが、湖沼ではアイヌ名が残されていることがうれしい。 利尻島内のオタ…

「池の森」の防火池(北海道利尻)

森林公園でウニの食べ殻? 利尻島の沓形港にフェリーが着岸した。港から見渡す島は一面が利尻富士だった。なるほど、利尻島はそのまま利尻富士だった。 港町のはずれの利尻岳の裾に森林公園がある。バーベキュー場などを備え、木々に覆われた公園。駐車場脇…

双川ダム(北海道新ひだか)

【ふたかわだむ。双川調整池】 日高山系水力発電ダム銀座のひとつ。静内ダムの直下にあり、揚水発電の下池である静内ダムの逆調整池の役割を担うと同時に水力発電も行う。 日高山系水力発電ダム群では11ものダムが連携し、少しの水も無駄にしないための執念…

静内ダム(北海道新ひだか)

【しずないだむ。静内調整池】ゲートの滑車感がたまらない。 昨日は北海道の新進気鋭のダムを紹介したが、今日は対照的な半世紀ダム。 北海道電力が管理する発電専用の重力式コンクリートダム。ゲートの滑車はラピュタの鉱山を思い出す。パズー、ブレーキ! …

厚幌ダム(北海道厚真)

あつほろだむ。この新しいダム湖にも地震による山体斜面崩落の爪痕が。 地震被災の爪痕と最新鋭ダム。 もう少し上流にある厚真ダムの方をめざしていた。途上、テレビで何度も見た光景を目にして驚いた。2018年の北海道胆振(いぶり)東部地震で山が同時多発…

久種湖(北海道礼文島)

日本最北の湖である久種湖。語源はアイヌ語で「山越えする湖」と詩的な響き。「周氷河地形」にある日本唯一の堰き止め湖であろうか。 【くしゅこ】 「花の浮島」と呼ばれる離島に、日本最北の湖が 久種湖を遊歩道で一周 湖畔のキャンプ場(起点) 湖畔の神社…

オタトマリ沼(北海道利尻島)

【おたとまりぬま。沼浦湿原】 百名山の利尻富士を映す観光スポット。 オタトマリ沼のビフォーアフター 池畔の遊歩道 空から見たオタトマリ沼 白い恋人の丘 沼浦展望台 沼浦神社 観光駐車場と売店。名物のウニ軍艦食べ比べ。 礼文島近くの海上から見た利尻富…

三日月沼(北海道利尻島)

【みかづきぬま。沼浦湿原】 利尻島最強の観光地オタトマリ沼の近くにある沼。 遊歩道などはなく、雪に灌木や藪が包まれる冬シーズンになって、やっと行くことができるようになることから幻の沼とも呼ばれているようだ。 じつはオタトマリ沼と三日月沼を含ん…

三宅沼(北海道厚真)

苫小牧郊外、厚真町の海岸近くにある天然沼沢群のひとつ。 気になる池が多いのだが、水ぎわまで近づけないものが多い。三宅沼は東岸側に未舗装路が通っているが、低木に阻まれて沼の姿が思うように見えない。 この沼については半世紀以上前の魚養殖業界の研…

民安ダム(北海道天塩)

たみやすだむ。 道北のダム湖らしい雄大な景観が素晴らしい。天気の条件がよければ日本海に浮かぶ利尻富士も見えるようだ。 堰体天端はゲートと関係者以外立入禁止の看板あるが、駐車場や湖岸路には入ることができるので、貯水池やダム施設を見ることは問題…

更岸貯水池(北海道天塩)

さらきしちょすいち。堰体サイドにまでワンドが入り込んでいるめずらしい湖形。民安ダムの南側台地上にある貯水池。コンクリートの取水塔の高さと比べると堰体はハイダムスペックを満たしているように見える。 地図で見ただけでは堰体がどこにあるのか分から…

鷹泊ダム(北海道深川)

【たかどまりだむ。鷹泊貯水池】 雨竜川を堰く農業用ダム。40km上流には北海道一の釣り聖地リザーバーの雨竜湖がある。 鷹泊貯水池の右岸側に鷹泊自然公園があるが、これぞまさに自然に還っていく公園の姿という感じだろうか。案内板は朽ちて崩落し、休日だ…

鷹泊ダム下の池(北海道深川)

鷹泊ダムの堰体下にある管理事務所に向かう道の途中にある小さな池。 池の下には農地が広がっているが、ダムができる前の古い溜め池だろうか。畑への開口部には堤構造があるようにも見えなくもないが、立入禁止だったのでよく確認できなかった。 浮き草もあ…

下幌加内ダム(北海道幌加内)

しもほろかないだむ。 国道沿いにチェーン着脱場を兼ねた駐車場があって、貯水池のインレット側に接しており、堰体を向こう側にダム湖を見渡せる。 北海道の農業用のアースダムでは赤やオレンジの取水塔がよく見られるが、黄色は初めて。

寧楽ダム(北海道小平)

【ならだむ。寧楽貯水池、寧楽ため池】 オトイチセコロ川を堰くアースダム。留萌地方振興局のホームページによると防災ダム事業で改修されたとあったが、斜樋など、農業利水用の設備もあった。 この資料では「寧楽ため池」と記されている。改修記念碑にダム…

大椴ダム(北海道小平)

おおとどだむ。圧倒的な存在感で目を引く洪水吐。 「熊嵐」の銀爺が住んでいた風景? 「熊嵐」の銀爺のホームフィールド「鬼鹿山」を水源とする、防災とかんがいの両機能をもったフィルダム。堰体の後法面は草で覆われていて一見、アースダムだし、「ダム便…

武利ダム(北海道遠軽)

むりだむ。武利ダム貯水池。ダム湖のインレット側は森林公園になっており、本物のSL「雨宮21号」が子どもたちの乗った客車を引いて走る。下を流れる川はそのままダム湖にそそぐ。 激レア仕様のダムとホンモノのSL。 ダムサイトにある諸元表には「中央アスフ…