水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,200湖

九州

鹿ノ丸堤(長崎県東彼杵)

かのまるつつみ。かのまる池。 捕鯨で財をなした儀太夫家の寄進によって造られた池。 池のむこうに見えるオーストラリアのエアーズロックのような山の容姿と、石積み護岸の取り合わせに味わいがある。訪れたときは折しも稲の刈り入れが終わったばかりで、天…

蕪池(長崎県東彼杵)

蕪堤。 三井木場池、中池、蕪池で三段重連になっているのかと思っていたが、そうではなかった。古くからある集落の名に「蕪(かぶら)」があるので、この池も同じ読みをするのではないかと推察される。 隣接する中池のインレット側と蕪池のインレットが顔を…

中池(長崎県東彼杵)

中堤。 自衛隊演習場横の農地に三井木場池、中池(中堤)、蕪池(蕪堤)、鹿ノ丸池(かのまる池・鹿ノ丸堤)が集結し、とても魅力的な野池群を形成している。 中池は蕪池と隣接するが上下の関係はない。 幅広の洪水吐から流れ出た水は下の三井木場池へと流れ…

横竹ダム(佐賀県嬉野)

よこたけだむ。 洪水調節を主目的とした県管理の治水ダム。 桜の中でもグリーンの花をつけるちょっと変わった御衣黄桜(ぎょいこうざくら)がダムサイトに277本も植樹されている。御衣黄桜は京都がルーツらしく、ダムのある土地とゆかりがあるわけではなさそ…

松元ダム(鹿児島県鹿児島)

土地改良区が管理する農業用ダム。ダム湖を一周する2,700mの遊歩道が付けられている。 貯水池は釣り禁止だが、年に1度、外来魚駆除体験という釣り大会が開催されているようだ。 駐車場、トイレはあるが2017年秋に訪れた際は、豪雨の落石の影響でダムサイト…

藺牟田池(鹿児島県薩摩川内)

いむたいけ。いむた池。 この水辺でしか出会えない独特の景観。 「藺牟田池の泥炭形成植物群落」として国の天然記念物に指定されてから100年近くがたつ老舗の水辺であるが、池を会場とする納涼花火大会の折をのぞけば意外にひっそりとしている。 ぽっこりぽ…

瀬戸石ダム(熊本県芦北)

せといしだむ。 日本初の本格ダム撤去の波紋。 日本では初となる本格的なダム撤去の現場となった荒瀬ダムの上流に位置する発電用ダム。全国にダム撤去についての問題と現実を突きつける契機となった。 立地上、この瀬戸石ダムにも撤去論が及んでいるが、水利…

村山公園の池(熊本県人吉)

人吉盆地には目立つ溜め池はあまり見られないが、豊かな球磨川の水の恩恵を受けてきたということだろうか。確かに町を東西に貫流する球磨川は豊穣な光に満ちている。人吉城もこの川を堀がわりに使い、町も鉄道も国道も川に寄り添う。 村山公園内にある池はも…

不動池(宮崎県霧島)

標高1200mに広がる霧島えびの高原の火口湖群のひとつ。 それにしても、不動池になかなか会えない。 この池は県道沿いに位置し、池畔近くに駐車場もあることから、一帯の火口湖群の中ではもっとも近づきやすい池にもかかわらず、2016年に訪れた際は韓国岳(か…

多礼ダム(福岡県宗像)

たれだむ。 周囲3kmクラスの郊外型水道水源池。湖尻を吉田ダムと同じく立入禁止。堰体まわりのフェンスは、ここまで厳重に封鎖するかという厳重さ。 かつてはバス釣りで地元アングラーを熱くさせたが、立入禁止化とともに監視も厳格化。

吉田ダム(福岡県宗像)

中規模クラスの郊外型水道水源池で、厳重な封鎖によって池の姿を見ることもままならなかった。 福岡の都市郊外にある同タイプの貯水池では、おなじみの光景。 多礼ダムと隣接するが、これだけの規模の二つの池が湖頭をつき合わせるようなかっこうで隣り合う…

狸ノ尾溜池(長崎県大村)

たぬきのおためいけ。 池の周囲は、伊勢神宮に並ぶイチイガシの密生林「狸ノ尾ため池水源の森」として国の天然記念物に指定されている。 池の水は完全に抜けている状態だった。狸ノ尾ため池水源の森

オシドリ池(長崎県大村)

姥懐溜池と大多武溜池の近くにある森に囲まれた池。 舗装林道に入り、さらに狭い分岐路を進んだ先にある。

厳木ダム(佐賀県唐津)

きゅうらぎだむ。 「厳木」と書いて「きゅうらぎ」。魅力的な名であるだけでなく、難読きわまりない。 国土交通省が管理する多目的ダムで、佐賀県では高さナンバーワン。九州全体でも3位という壮観な重力式コンクリートダムである。 貯水池名は全国に数多く…

住吉池(鹿児島県姶良)

住吉池公園。 農業用ため池としては深さ日本一? 現在は農業用の溜め池として利用されており、人工の堰体もあるが、池自体の起源は古く7000年前の火山による天然湖と考えられている。上空から見ると、丸いお椀のような形状は、確かに爆裂火口湖(マール)ら…

弟子丸池(鹿児島県霧島)

霧島市運動公園に隣接する池。池の全周に遊歩道が設置されている。池は公園の構成要素にも見えるし、単に公園の隣にあるだけのようにも見え、このどっちつかずな緩さがおもしろい池である。霧島市は意外なほど池が少ないので、霧島市街地辺縁では代表的な野…

油谷ダム(熊本県八代)

あぶらたにだむ。 東にある内谷ダムを上池とした揚水式発電所の下池にあたる、堤高80mを越える壮観なロックフィルダムである。 ダム湖右岸側を九州自動車道が通っているが、ダムから先は6kmのトンネル区間となるほどの山深い地形。ダムにアプローチするため…

池田湖(長崎県大村)

池田溜池、池田貯水池。 同じ名前の水辺が超有名どころだけに。 高速道の大村インターチェンジに寄り添うようにこじんまりとたたずむ町中の池。 池田湖公園として池の周囲がが整備されており、地元の人たちがランニングやウォーキングをしていた。 江戸時代…

岳ノ木場溜池(長崎県大村)

たけのこばためいけ。 岳の木場公園として池の周囲が整備されており、駐車場、トイレ、広場あり。 行く前は公園造成の際に造られた調整池か、山を開発した際に造成した調整池に公園を付随させたか、いずれかと思っていたが、実際には、れっきとしたため池で…

日出生ダム(大分県玖珠)

ひじゅうだむ。 ダム下流側に、滝百選と「日本のマチュピチュ」展望台。 農業用でありながら堤高48mの堂々たるロックフィルダムである。国道を従えているのでアクセスもしやすい。 ダム湖ではブラックバス、へらぶなも生息。へらぶなは40オーバーの数釣りや5…

桜川ダム(長崎県平戸)

さくらがわだむ。 ダムの下はすぐ海岸。 もとは離島だったが、橋で九州本土と往来できる平戸島を経由し、世界最大級の径間長をもつトラス橋である生月大橋によって船を使わずクルマで上陸することができるようになった生月島(いきつきしま)。 この島には離…

日南ダム(宮崎県日南)

にちなんだむ。 「ダム穴」を思わせる半円形の余水吐。 左岸側を国道が走り、道の駅もあるアクセス性のよいダム。防災ダムなので二門の自然越流ゲートにより水位は低く保たれている。堰体内側にある半円形の余水吐が特徴的。 レジャーとしても魅力的なダムで…

芋洗谷ダム(宮崎県高千穂)

ダム穴を備えた日本初の重力式アーチダム。 重力式アーチダムはアーチダムの一様式で、国内では十数例しかない希少なダムといえる。それだけでなくコンクリートアーチダムとしては日本でもっとも古い1930年に竣工し、「ダム穴」と呼ばれるめずらしい形式の放…

花牟礼池(鹿児島県肝付)

花牟礼池ダム。 池畔に立つ「田の神」のほんとうの姿とは。 「花牟礼池ダム」という呼称もあるようだが、江戸時代初期に築造された農業用ため池である。集水面積が少なかったため、明治以降、導水路を造る試みがなされたが難工事となり中断していたが、昭和…

金鱗湖(大分県由布)

きんりんこ。 世界的観光名所「由布院」のシンボル的な水辺。 温泉の町・由布院らしく、池の水源となっている河川や池底の湧水にも温泉成分が流れ込み、冬の早朝には朝霧のような蒸気がたちこめ、「霧盆」と呼ばれる地元の風物詩となっている。 「金鱗湖」と…

海鼠池(鹿児島県甑島)

なまこいけ。 天橋立より長い4kmの砂州によって切り取られた池。 数千年前の島の山体崩壊によって海中に落ちた土砂が潮流で長い砂州状にのび、その後の海面降下で海岸線に沿うように現れた貝池と海鼠池。 細くせばまった水路で両池はつながっている。 海と池…

貝池(鹿児島県甑島)

かいいけ。甑四湖。 地元民が怖れた「二重底」の正体は。 数千年前の島の山体崩壊によって海中に落ちた土砂が潮流で長い砂州状にのび、その後の海面降下で海岸線に沿うように現れた貝池と海鼠池。 細くせばまった水路で両池はつながっている。 また、長目の…

鍬崎池(鹿児島県甑島)

くわざきいけ。 甑四湖(こしきよんこ)のひとつで、三方を山に、残る一辺を海に囲まれている。四湖の中ではもっとも秘境感のある水辺で、その雰囲気にたがわず重量15キロもの大ウナギや巨鯉が生息しているという。 長目の浜展望所から見た鍬崎池(手前)と…

男池(大分県由布)

おいけ。 名水百選のパワースポット。 男池湧水群は日本名水百選で、パワースポットとしても売り出し中。 大駐車場、売店完備。 登山路入口には小屋があり「緑化清掃協力金」の名目で入場料を徴収される。朝いちばん、料金所のおばさんの軽トラックに同乗し…

岩屋川内ダム(佐賀県嬉野)

いわやがわうちだむ。 佐賀の温泉郷として知られる嬉野の市街地からわずか3kmという立地だが、湖面に覆いかぶさる木々に原始の迫力を感じる。 ダムカード配布対象ダム。