水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,250湖

九州

志田フラワー園の池(仮称)(佐賀県嬉野)

平ヶ倉ダムとは隣の谷筋にある。池のインレット側に志田フラワー園。堰体下は農地を経て森下溜池に注ぎ込む。 山並みを見ていると、集水域が広く、谷の出口に位置する溜め池の適地であることがよく分かる。bunbun.hatenablog.com

平ヶ倉ダム(佐賀県嬉野)

湖周長500mクラスであるがアースダムの堰体はダムスペックを満たすようである。二段のかさね池になっていて水の色が魅惑的。 堰体下に大きな石碑が立っている。右岸側にコンクリート製の洪水吐も見える。 堰体下から先がゲート封鎖で入れず、なんとしても池…

小峰大池(福岡県北九州)

池の周辺はかなり宅地化が進む。池の上を新幹線の高架が通る。小嶺大池公園として池のインレット側にグラウンドがあるが、親水公園ではない。左岸と堰体下に桜。 S字に屈曲した洪水吐まわりと堰体の護岸が石積みになっていた。 ライギョ、バスの野釣り場とし…

柳川城の堀割(福岡県柳川)

クリークがめぐらされた水の城都。 堀割の川下り 柳川城趾 城下の景観と名物・郷土料理 松濤園 案内板 クリークがめぐらされた水の城都。 柳川は有明海に面した低地に「クリーク」と呼ばれる農業用水路が網の目のように張り巡らされた独特の景観をもつ地域。…

御花庭園のお池(福岡県柳川)

柳川藩主の別邸として堀割の中に造営された。堀に囲まれた庭園と見ることもできるし、島に邸宅があるようにも見える。クリークが張り巡らされたこの地域では、一般民家でもそんな感じになっている。 案内板によれば「お池」は、庭園池とは別に設けられた松濤…

石田西触の野池(仮称)(長崎県壱岐)

壱岐島の原の辻一支国王都復元公園(長い!)の隣にある二つの野池。 ここでは堰体構造をもつ南側を採りあげる。堰体の右岸側に壱岐島の野池独特の自然石を積んだ石積み護岸が見られた。左岸側および堰体前法面はコンクリート護岸。 底樋門の操作ハンドルが…

長野ため池(長崎県壱岐)

壱岐の溜め池らしさがある美しい里池。 初めての壱岐の池めぐりでは、いちばん好きな池。池名のヒントを探そうと新しい記念碑を見てみるが、のっぺらぼう。反対側はフェンスがあって見ることができない。見ることができないところに碑を立ててもしかたないし…

勝本ダム(長崎県壱岐)

かつもとだむ。 重力式コンクリートダムの勝本ダムは壱岐島で最大のダムとされるが、あくまで貯水量の話。 堤高で見ればアースダムの当田ダムや梅ノ木ダムの方が大きい。勝本総合公園が隣接。駐車スペース、トイレあり。 ダムカードあり。駐車スペース。 マ…

当田ダム(長崎県壱岐)

とうだだむ。ダム湖と海のコラボ。壱岐島の玄関口である印通寺から直線距離で3kmほどのところにある農業用貯水池。アプローチルートも覚悟したほど酷道というわけでもなく、クルマでもすんなり行くことができるし駐車スペースもある。 海と湖面の両方を一枚…

深浦ダム(佐賀県白石)

ダムマニアも仰天の、ちょっとあり得ない湖相。地図を眺めていると四連かさね池タイプの溜め池兄弟・・に見えたのだけれど、航空写真に切り替えてみると下から二番目のこの子だけどうも様子が違う。周囲わずか300mの池なのに不釣り合いなほど立派な重力式コ…

深浦溜池(佐賀県白石)

流れるような山なみを背景に、やわらかく草に覆われた堤と桜がよく似合う。四連の池のいちばん下の池。直下は有明海に面した干拓農地。 当時の有明町長による改修記念碑をはじめ、長文の碑文が二つ掲げられていたが、判読できた文字から「深浦溜池土地改良区…

森下溜池(佐賀県嬉野)

奥に見える住宅がのっているところが出島の部分。拡大すると流れ込みからの整流板のようなコンクリート堤が出島の方にのびているのが分かる。周囲1km級で西岸と北岸を2車線道にはさまれたアクセス性のよい池。嬉野の野池はまだ数えるほどしか行っていないの…

雷山大溜池(福岡県糸島)

らいざんおおためいけ。 堤高20mの立派なアースダム堰体をもち、糸島の野池群の筆頭格であると同時に地域の農業史に輝く溜め池である。 県営事業として昭和19年に完成。福岡県内には5200ヶ所強の溜め池があるが、竣工当時は県内最大の溜め池だった。いやはや…

熊添池(福岡県福岡)

ビーチ感もあって親しみやすい容貌の溜め池だった。路地も狭い古い市街地の中に、熊添池、熊本池、若宮池の三つの池を取り込んだ西南杜の湖畔公園がオアシスのように浮かぶ。 熊本池、若宮池はフェンスと池岸林に閉ざされているが、公園の中心要素的な熊添池…

若宮池(福岡県福岡)

路地も狭い古い市街地の中に、三つの池を取り込んだ公園がオアシスのように浮かぶ。 若宮池は公園敷地にずっぽりと取り込まれているが、木々とフェンスに取り囲まれて公園構成物としての貢献は、桜並木の堰体天端の舗装路ぐらいか。立ち入り禁止看板あり。 …

熊本池(福岡県福岡)

福岡県福岡市の福岡大学近くにある。なのに名前は熊本池。 堰体下側は熊添池を中心とした親水公園があるが、こちらの熊本池は堰体部以外は住宅や工場に取り囲まれている。路地も狭い。 マークした場所は公園駐車場。

瑞梅寺ダム(福岡県糸島)

【ずいばいじだむ】 17基ある福岡県営の多目的ダムのひとつ。 平野部からわずか数キロ。山奥というわけでもないのに、峨々たる岩壁と、仙境を思わせる山なみが美しいダム湖。小粒ながら、ぴりっとしている。ときおり浄化用の曝気が湖面を揺らす。 また、堰体…

牟田溜池(福岡県糸島)

薄田池と牟田溜池は東西に並んだ周囲1kmクラスの溜め池。 糸島の山裾にある野池群のなかでは、雷山大溜池が筆頭格であることは間違いないが、地図上ではそれに次ぐ目立った存在。 訪れた際は堰体の工事が行われていた。

薄田池(福岡県糸島)

薄田池と牟田溜池は東西に並んだ周囲1kmクラスの溜め池。 糸島の山裾にある野池群のなかでは、雷山大溜池が筆頭格であることは間違いないが、地図上ではそれに次ぐ目立った存在ということもあり、なんとかアプローチしたかったが、なかなか手強かった。池フ…

丸田池(福岡県糸島)

糸島市役所と一体化した駅前にある公園池。 もとは農業用の溜め池だったというが、現在、池岸は疎石が積まれた公園的な護岸で、堰体だったと思われる場所には円形の大きなステージが設けられており、円周の三分の一ほどが水上にせり出すようなかっこうになっ…

山太郎溜池(福岡県糸島)

糸島の野池群のひとつ。農地が広がる平野の中に位置し、コの字形の堤をもつので一見、皿池タイプの溜め池かと思ったが、池を囲いこむ小丘陵は意外に奥行きがあり、皿池的なところと谷池的な表情の両方をもっている。 堰体から見ると池の奥側は、もくもくと木…

養福寺貯水池(福岡県北九州)

ようふくじちょすいち。 八幡製鐵所に工業用水を供給してきた貯水池。八幡製鐵所といえば、日本の近代化を工業面で牽引した明治時代の官営製鉄所。現在は新日鉄住金に管理が引き継がれている。 桜の名所として花見シーズンには、ふだんは完全立入禁止の敷地…

池ノ内湖(佐賀県武雄)

【いけのうちこ。武雄温泉保養村】釣りをたのしんだあとは・・と記された看板。釣り禁止になってもおかしくない公園池なのに、なんという慈愛。(2019年3月撮影) ボート遊びや釣りもできる「ため池100選」の池。 「湖」の愛称がついているが、全国ため池100…

武雄・大町・江北の野池群(佐賀県)

九州随一の魅力を誇る野池群。 佐賀県の中央部に位置し、長崎本線と佐世保線の分岐点でもある肥前山口駅を擁する江北町と、その西につづく大町、武雄市に至るエリアは九州きっての好環境な野池群が広がっている魅惑の水辺フィールド。 南にむかってゆるやか…

渕の尾ダム(佐賀県武雄)

ふちのおだむ。連続した、もこもこ山のせり出しがかわいい。市営の上水道用貯水池。国道からのアクセス性のよいダム湖。堰体下に浄水場があり、アプローチ路は巻きながら高度を上げ、いっきに堰体サイドへ。 上水道用にはままあることだが、この池も立入禁止…

御船山楽園の鏡池(佐賀県武雄)

その妖艶さ、九州一の庭園池。ライトアップも見逃せない。 佐賀のみならず九州屈指の池泉回遊式庭園において、主役こそ武雄のシンボルとして親しまれている御船山(標高210m)に譲るとして、庭園の価値を決定づけるに足る重要な役割を担っているのが鏡池。 …

四十九重池(佐賀県武雄)

何と読むのだろう。すごい名前である。 池は競輪場と大駐車場にはさまれており、二車線道路が丁字にぶつかるところにあるのでアプローチしやすい。 釣り禁止。 マークした場所は駐車場。

河内貯水池(福岡県北九州)

【 かわちちょすいち。河内堰堤、河内ダム】ヨーロッパの古城の城壁と望楼を思わせる取水塔。 近代化産業遺産にもなった石積みの堰体。 官営八幡製鉄所(世界遺産)によって建造された重力式含石コンクリートダム。第一次世界大戦参戦を経て重工業が飛躍的に…

亜字池(福岡県北九州)

【 あじいけ。河内堰堤、河内桜公園】池の中に並ぶケルンのような石積みは、かつて水質浄化用の噴水として使われたもの。1927年に竣工した河内貯水池の堰体直下に造られた水質浄化用の池。前年の1926年に完成しているので、河内貯水池の利水プロジェクトの一…

大清水湖(長崎県壱岐)

【大清水池、大清水ため池】大清水湖の湖面に覆いかぶさるような一本桜。湖周長1.5kmクラスで、現代工法のハイダムである勝本ダムや梅ノ木ダムにも見劣りしない壱岐島最大の溜め池。壱岐島の池めぐりでは、はずせない一湖である。 というのも、おそらくは壱…