水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,250湖

中国

石井ダム(山口県柳井)

比較的なだらかな地形にあり、ダム湖というより野池の表情。堰体は土盛りのアースダムであるが、堤高は36メートルもあり、かなり壮観だ。 二車線の県道が左岸に沿いアクセス性もよい。 ブラックバス釣りではなかなか有望な池であったが、公園の案内板には「…

菊川湖(山口県周南)

川上ダムによって堰かれた貯水地。下流に周南の工業地帯が控えるだけあって、工業用水の確保が主目的の県営ダムである。 堰体わきに小さなダム公園をのせた人工島のような半島があるのがユニーク。このダム公園には堰体の天端を経てクルマでアプローチできる…

長谷池(岡山県岡山)

玉野野池群のひとつ。池の後ろに控える貝殻山には岩の露頭も見える。 池の横を通る道はコンクリート舗装されているものの、ここに至るまでの道のりは、ちょっとした冒険気分。海が見えるのが気持ちいい。

新田池(岡山県岡山)

このヤブ穴をくぐれば新田池があるはずだがナビゲーションは確かに、そこが池へのアプローチ路への分岐であることを示している。 ここは貝殻山の尾根を走る県道。観光道路的なスカイラインの雰囲気をもっている。 新田池は玉野野池群のひとつだが、この県道…

立岩ダム(広島県安芸太田)

たていわだむ。 ダムは土木遺産&目前の峠は国の天然記念物。 戦前の巨大ダムとして近代土木遺産に認定されている。 インレット側からアプローチしようとしたところ、もう少しというところで通行止めになり、40kmも迂回し、10kmつづく狭路を苦労して到達した…

三成ダム(島根県奥出雲)

みなりだむ。 日本最古のアーチダム、ということで。 砂鉄も流れる斐伊川中流を堰いた発電および砂防を目的とした県営ダム。 2015年に土木遺産にも認定されたこともあり、「日本初のアーチダム」という華々しい謳い文句でとりあげられる三成ダムであるが、果…

渡ノ瀬貯水池(広島県廿日市)

わたのせちょすいち。渡之瀬ダム。 中国電力が管理する発電用ダム。発電ダム湖は峻嶮な立地のものが多いが、渡ノ瀬貯水池のインレット側はのどかな野池のような表情をしていた。 発電用ダムのため水位変動が大きいそうだが、訪れたときは満水だったのかセイ…

日山ダム(岡山県吉備中央)

ひやまだむ。 県営の重力式コンクリートダム。かなり年季が入っているなあと思ったら、私よりひとつ年下だった。中学生のときから池めぐりを始めたが、気がつけばこんな歳。錆を浮かべた水色の丸い欄干に哀愁がある。 わずかにさざ波立った貯水池の水は、抹…

俣野川ダム(鳥取県江府)

またのがわだむ。猿飛湖。 中国電力では最大規模の揚水式発電を担う下池。上池は南東側、県境を越えた山のむこうにある土用ダム。 県をまたぐ壮大なスケール。猿飛湖と名付けられた貯水池は表情豊かな山容と響き合う。 堰体横に駐車場と展示館あり。 俣野川…

河平ダム(岡山県吉備中央)

かわひらだむ。 日山ダムの2km下流に造られた県営の重力式コンクリート多目的ダム。水道用水も供給し、堰体下に沈殿池も擁する。 堰体横に管理所と駐車場あり。 国道から分岐するダム管理所への600mのアプローチ道路は、いい案配のカーブが連続しドリフトの…

古野谷池(岡山県吉備中央)

二車線の国道沿いにある野池。 こじんまりとして、水面との落差も小さく、オープンで明るい雰囲気の池だったので、しばし釣り竿を出してみた。反応はなく魚影らしきものもなかったが、国道沿いとはいえ通りかかるクルマもあまりなく、静かに過ごすことができ…

菅谷池(岡山県吉備中央)

周囲500mクラスのなかなか立派なため池であり、堰体はダムスペックに届きそうな迫力がある。 国道沿いにあるが、道からは堰体を見上げるようなかっこうになり、池の姿を拝むためには別ルートを探す必要がある。地図上では西側から堰体上にアプローチするルー…

蒜山高原スポーツ公園の池(仮称)(岡山県真庭)

ひるぜんこうげん。 中国地方のサイクリスト天国といえば、海側ではしまなみ海道を中心としたエリアが全国的に知れ渡っているが、山間部ではこの蒜山高原(ひるぜんこうげん)が筆頭格のひとつに挙げてよいのではないかと思う。 岡山県の最北に位置する蒜山…

鏡の池(島根県松江)

神話の国の池で、ちょっと不思議な恋占い。 八重垣神社の境内と隣接した森の中にある小さな池であるが、八百万の神々が集う出雲の国という立地にあり、スサノオノミコトの神話とも縁が深いパワフルなオーラをまとい、「縁結び占いの池」として近年は若い人の…

向道ダム(山口県周南)

こうどうだむ。向道湖。 日本でもっとも古い多目的ダム。 県が管理する多目的ダム。しかしながら計画、施工は泣く子も黙る内務省。 内務省といえば、国全体の警察、土木を含む行財政、国家神道を掌握した官庁の中の官庁、今ではありえないスーパー官庁である…

山佐ダム(島根県安来)

やまさだむ。 県営の多目的ダム。貯水池名は山美湖。 その名のとおり市街地から遠く離れた山深い立地のダム湖だが、アクセス路となる県道と国道は二車線の快走路で、ドライブやツーリングの立ち寄りスポットとして走りごたえがある。 湖岸はほぼ全周にわたっ…

布部ダム(島根県安来)

ふべだむ。 県営の多目的ダム。貯水池名は白椿湖。キャッチコピーは「野だたらと白椿の里」。 ダム湖の左岸と右岸側の岬とをつなぐ長さ128mの歩行者専用吊り橋が目玉。中国地方では最大というふれこみであるが、日本一位の静岡県にある三島大吊り橋(400m)…

成光池(広島県三好)

なるみついけ。 地形的に氾濫しやすい池だったため、池の水が流れ出す本来の河道とは別に、昭和初期に人工的に流出河川が設けられた。 この片丘川は池の西側を沿うように流れており、古い水門もあった。従来の流入河川と新造の流出河川とをバイパスさせたと…

長池(岡山県岡山)

龍泉寺境内にある二段の池。下がトンボ池(泥池)で、湿地をはさんで上側の長池があり、遊歩道で龍王池と合わせて歩くことができる。 下の写真は長池の堰体。 bunbun.hatenablog.com マークした場所は駐車場。(トイレあり)

泥池(岡山県岡山)

龍泉寺境内にある二段の池。下が泥池で、湿地をはさんで上側の長池がある。 泥池は夏場は浮き草に覆われるようだ。案内マップによっては「トンボ池」という記載も見られる。 bunbun.hatenablog.com マークした場所は駐車場。(トイレあり)

龍王池(岡山県岡山)

龍泉寺。 神話にも池の名が見られる御神体の池。 紀元前の神話にその名が見られ、もとは龍王山の中腹に点在した沼沢群だったようだ。この場所に堰体が築堤されたのは江戸時代。さらに明治時代に嵩上げ工事が行われ、現在の姿になった。 池は八大龍王の御神体…

鳴滝ダム(岡山県吉備中央)

鳴滝湖。 岡山にもあった半円ダム穴。 県営の多目的ダム。取水設備として鋼製シリンダーゲート、常用洪水吐として半円越流堤を採用したマニア好きのしそうな重力式コンクリートダムである。このタイプでは宮崎県の日南ダムで見た半円ダム穴が圧巻であった。 …

黒谷ダム(岡山県岡山)

くろたにだむ。黒谷池。 昭和初期に築造された黒谷池というアースダムを半世紀後に改造し、堤高46mのロックフィルダムとして生まれ変わった。 もとは県営ダムだったが現在は岡山市が管理している。 アクセス路は二車線。堰体横に駐車スペースあり。

琵琶ヶ池(広島県安芸高田)

キャンプ場に魅力を添える小さな山上湖。 琵琶ヶ池というと名古屋にある都市型緑地公園の主構成要素となっている水辺が有名だが、こちらの琵琶ヶ池は広島県安芸高田の山中にある独立した山上湖。小さな池ではあるが、魅力ではけっして負けていない。 その絶…

白土池(岡山県岡山)

しらつちいけ。 そもそもは農業用のため池であろう。真星・星の村公園として親水デッキ、駐車場、広場などが整備された池には、大賀ハスが植えられ、鴨や鯉も養育されている。釣りは禁止。 二車線道路沿いにありアクセス性はよいが、公園駐車スペースにつな…

落合ダム(岡山県吉備中央)

おちあいだむ。 ダムサイトへのアプローチ路は広域農道から枝道へと入る。舗装路ではあるが少々分かりにくく、途中、荒れている場所もあって、両側から伸び放題の草をバンパーでかきわけるように進んだ。 その分、人の気配もなくひっそりとしたダム湖で、あ…

小堤池(島根県安来)

近くに山辺大堤という池があり、大堤池と小堤池のセット池と思われるので、山辺小堤という呼び方が正しいかもしれない。 アクセス路は狭い。大堤の方もクルマでは近づくことができなかった。 堤の奥に石碑と祠があり、水も淀んで、あまりそちらの方には近づ…

梶毛ダム(広島県広島)

かじけだむ。 梶毛ダムは左岸側にレイクサイド公園、駐車場あり。ニューターンの中の瀟洒なダム公園になっている。 柵を越えての貯水池内に入ることを禁じる看板があるので、事実上、釣り禁止と考えた方がよさそう。 ダムカードあり。すり鉢状のダム湖を見お…

魚切ダム(広島県広島)

うおきりだむ。窓竜湖。 広島市の山間部にある多目的ダム。貯水池名は窓竜湖。 魚切(うおきり)とはまた魅力的な名である。滝などに「魚留めの滝」などと名付けられる事例は多いが、「魚切」とはまた、いさぎよい。 湖名の「窓竜湖」(そうりゅうこ)の方は…

江汐湖(山口県山陽小野田)

えじおこ。江汐池。江汐公園。 奥行きある景観をめぐる充実した水辺散策路。 以前は「江汐池」と呼ばれていたが、最近では公園の案内板や地図をはじめ「江汐湖」(えじおこ)として記載されるのが一般的になっているので、2017年の記事更新にあわせて水辺遍…