水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,200湖

ダム湖100選

かなやま湖(北海道南富良野)

金山ダム。 ダム湖100選のかなやま湖は、北海道開発局が管理する多目的ダムである金山ダムによって生みだされた貯水池。 堰体右岸は垂直の崖岸であるが、ダム湖の中ほどまで来ると緩傾斜の広大な平地が広がっており、カラマツやラベンダーが湖水をバックに写…

聖台ダム(北海道美瑛)

せいだいだむ。聖台貯水池、聖台ダム公園。 空が広すぎるダム湖100選の水辺。 じつに地味な農業用アースダムによって堰かれた貯水池ではあるものの、北海道全体で五つしかないダム湖100選の水辺である。 地図で見たときは、正直、なぜ? と思ったものだが、…

定山湖(北海道札幌)

じょうざんこ。豊平峡ダム。 そびえる懸崖に目もくらむアーチの対照美。 都市部からクルマで一時間ほどで行ける手軽さで札幌市民にはお馴染みともいえる観光スポットであり紅葉名所。紅葉は9月後半からと全国でもっとも早く秋のたよりが聞こえる場所のひとつ…

富里湖(北海道北見)

とみさとこ。富里ダム。 レジャー用途に広く開放されたダム湖100選の水辺。 左岸側のなだらかな岸辺にキャンプ場があり、開放的な雰囲気が魅力。北海道の農業用ダムは9月以降、水が抜かれるところが多いが、さすがダム湖100選に選ばれている水辺ということも…

御所湖(岩手県盛岡)

ごしょこ。御所ダム。 盛岡のお膝もと。市民の憩いの水辺となっている開放的なダム湖。 盛岡市街のお膝元にありながら、広大な面積とスケールをもった人造湖。堰体はロックフィルとコンクリート重力式のコンバインダム。ダム管理は国(国土交通省)だが、ダ…

かわうち湖(青森県むつ)

川内ダム。道の駅の湖畔には親水設備もある。行政区分上はむつ市内にあるとはいえ、実際にはカモシカも現れるような下北半島の最奥部ともいえる山奥にあり、かわうち湖に行くのはたいへんな労である。 やはりその遠さから、なかなか行くことができなかった。…

田子倉湖(福島県只見)

田子倉ダム。 日本一の水力発電量を誇るダム湖。当然ながらその水量、その奥深さは筆舌に尽くしがたい。 2017年ゴールデンウィークに訪れた際、その雄大な日本離れした景を前に、堰体横の駐車場、トイレ等の施設写真を撮るのも忘れてしまった。ダム下を泳い…

阿木川湖(岐阜県恵那)

あぎがわこ。阿木川ダム。 ダム湖100選の貯水池でボート釣りも。 水資源機構が管理する大規模多目的ダム。100m以上の高さをもつロックフィルダムは見ごたえもあり、取水塔、洪水吐といった設備もダイナミックで見ごたえがある。 ダムがつくる貯水池の方にも…

赤谷湖(群馬県みなかみ)

相俣ダム(あいまただむ) 猿ヶ京温泉郷を抱くレイクレジャーフィールド。 国道17号旧道に沿っておりアクセス性もよい。ダム湖本湖のインレット側に、もうひとつ親水ダムがあるのも特徴。キャンプ場もあり、カヌー、ボートの出艇ポイントとしても最適である…

奥只見湖(新潟県魚沼)

奥只見ダム。 18kmものトンネルを抜けた先にあるダム湖100選の貯水池。 奥只見ダムは行くまでの行程がユニーク。現在は無料の観光道路となっている奥只見シルバーラインがダム堰体へと直結しているが、全長22kmの道程のうち18kmがトンネルというすさまじさ。…

多摩湖(東京都東大和)

狭山公園、都立狭山自然公園、村山貯水池。 武蔵野の里山を満喫。 多摩湖は村山上貯水池と村山下貯水池の二つからなり、完全に都内にある湖沼としては都下最大規模を誇る。周辺は武蔵野の自然が色濃く残されているが公園以外はほぼ立入禁止で、大きな湖のわ…

狭山湖(埼玉県所沢)

山口貯水池、山口ダム。 となりのトトロの舞台。 狭山湖の名で首都圏では知られる大きな池だが、「山口貯水池」という正式名は意外にも知られていない。堰体は山口ダムである。 それにしても不思議な空間だ。都会のただ中にありながら、原生林の様相をもつ広…

布引五本松ダム(兵庫県神戸)

布引貯水池。布引五本松堰堤。 ありえない立地。これぞ日本初の重力式コンクリートダム! タワーマンションをはじめビルが海に向けて立ちならぶ新幹線・新神戸駅前。日本を代表する国際都市の玄関口である。 ところが駅の裏手にまわると、クルマの音のかわり…

田瀬湖(岩手県花巻)

たせこ。田瀬ダム。田瀬湖ふれあいランド、田瀬釣り公園。 ダム湖100選にもなった、岩手きってのレジャーレイク。 「日本初の国営ダム」というタイトルももつ田瀬ダムは、田瀬湖ふれあいランド、田瀬釣り公園など湖畔にレジャー施設をもち、キャンプ、ボート…

大井ダム(岐阜県中津川)

恵那峡。 日本初の発電ダムの貯水池名は、「恵那峡」。 大正時代に建造された日本最初の発電用ダムといわれ、「日本の近代土木遺産 」に選定されている。 「日本の発電王」福澤桃介や「日本初の女優」貞奴も関わった当時の世界的難プロジェクトで、このダム…

矢木沢ダム(群馬県みなかみ)

奥利根湖。 利根川本流の最奥部にある荘厳なアーチダム。 利根川本流に沿って、藤原湖、洞元湖とのぼっていき、その最奥部にオーバーハングした131mの巨大な壁となって君臨しているのが矢木沢ダムである。 堰体横には展望台、資料館、トイレ、駐車場もある。…

奈良俣ダム(群馬県みなかみ)

ならまただむ。ならまた湖。 関東を代表するロックフィルダムと、ダム湖100選の貯水池。 堤高158mはロックフィルダムとして関東一の高さを誇る。全国で見ても長野県の高瀬ダム、岐阜県の徳山ダムに次ぐトップスリーに入る。また堰体積は徳山ダムに次ぐ二位と…

胆沢ダム(岩手県奥州)

奥州湖。 日本最初のロックフィルダムが眠る奥州湖。 胆沢ダムは国内屈指のスケールをもつ新しいロックフィルダム。高さ100mを越えるロックフィルダムはまさに要塞の貫禄。特に堤長は723mもあり、その長さ日本一。正面から見ると、まるで「進撃の巨人」に出…

玉川ダム(秋田県仙北)

たまがわだむ。宝仙湖。 強酸性の青い湖水を中和させる目的も。 玉川ダムがつくる宝仙湖は、強酸性の青い湖水が目にまぶしい。 高さ100mの堰体は迫力があり、ダム資料館、展望台、トイレ、駐車場など一般向けの施設も充実。このダムは玉川の水に含まれる強酸…

日吉ダム(京都府南丹)

ひよしだむ。天若湖。 日本で初めて堰体内部を公開したダム。ダム湖は100選にも。 最近ではわりとあちこちで堰体内部を見学させてくれるようなダムが出てきたが、最初にその道を切り拓いたのが日吉ダムである。 ダム堰体も威圧感がなく、どこか親しみやすい…

月山湖(山形県西川)

がっさんこ。寒河江ダム。 「月山ダム」と「月山湖」は、まったくのベツモノです。 名前も似ているし地図上では隣合っているように見える月山湖と月山ダムだが、実際に現地に行ってみると800年の歴史を誇る難所「六十里越」旧国道の起点と終点に位置している…

草木湖(群馬県みどり)

草木ダム。 2002年に一般開放が実施されたダム湖100選の水辺。 日光と桐生を結ぶ国道122号は、20年以上前の若いころはオートバイでよく走ったお気に入りの道だった。ただこの道沿いにある草木湖の印象はほとんどない。 これがダム湖100選に選定と分かった今…

大野ダム(京都府南丹)

虹の湖。ダムパーク大野。 日本最古の古民家と農村風景が映えるダム湖100選。 2004年豪雨の際に、水没したバスの屋根で30人余が輪になって一晩を耐え抜いた映像が全国に流れた由良川。この暴れ川をぎりぎりまで抑えつづけたのが、洪水調節を主目的とした大野…

鶴田ダム(鹿児島県さつま)

大鶴湖。曽木の滝公園。 貯水池はダム湖100選、上流部は東洋のナイアガラ「曽木の滝」。 ダム湖100選に選定された大鶴湖は、鹿児島らしい豪快さを堪能できる水辺です。 2月からノッコミが見られるという冬場にも強いへらぶな釣り場でもあり、九州最大級の堰…

寺内ダム(福岡県朝倉)

てらうちだむ。美奈宜湖(みなぎこ)。 水をテーマとした湖畔公園のあるダム湖100選の貯水池。 水資源機構が管理するロックフィルダムがうみだした美奈宜湖(みなぎこ)は「ダム湖100選」にも選定された落ち着いたたたずまいが魅力。 湖畔には「あまぎ水の文…

温井ダム(広島県安芸太田)

ぬくいだむ。龍姫湖。 ダムは西日本筆頭のアーチ、ダム湖は「ダム湖100選」。 開かれたダム作りを進めている国土交通省が管理する特定多目的ダムということで、堰体内見学やダム資料室もあり、サービス精神旺盛な温井ダムは、アーチ式として西日本一の高さを…

羽鳥湖(福島県天栄)

羽鳥ダム。 バックウォーター側は羽鳥湖高原として大リゾート地化。 羽鳥湖というと遠く関東地方にまで名をとどろかす横綱級のレジャーレイク。ダム湖100選に選ばれているのも頷ける。 別荘、ペンション、オートキャンプ場、道の駅・・それらの多くはバック…

本庄ダム(広島県呉)

本庄水源池。 重要文化財の堰体と、ダム湖100選の貯水池。 下調べが甘かった。 ダム湖100選、かつ水道施設として全国初の重要文化財ということもあり、とりあえず行ってみれば駐車場や資料館なんかがあるだろうとタカをくくっていたら、貯水池の周囲は厳重な…

南川ダム(宮城県大和)

七ツ森湖。七ツ森ふれあいの里。 ダム湖100選にも選ばれた、仙台郊外のメジャーフィールド。 湖畔の高台にバンガロー、テントサイトをもった七ツ森ふれあいの里があり、釣りでは仙台郊外のメジャーフィールドともいえる開かれた県営ダムです。ネイミングライ…

上椎葉ダム(宮崎県椎葉)

かみしいばだむ。日向椎葉湖。 平家落人伝説と民俗学発祥の地と吉川英治。 「椎葉」という名の情感、山の奥深く平家落人の隠れ里であり、「鶴富姫伝説」をはじめ民俗学の発祥の地ともされ、ずっと行ってみたかったダム湖です。しかし旅程の都合で熊本県側か…