水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,050湖

鞍谷池(香川県坂出)

くらたにいけ。 日本一の大天狗。その本拠地は昭和になっても伝説が。 讃岐平野に浮かぶぽっこり山の奇景が見わたせる白峯山。 山腹の見晴らしのいい一角に大正時代に造られた溜め池が鞍谷池である。堤高15mのアースダムで「ダム便覧」にも記載された公認の…

一碧湖(静岡県伊東)

【いっぺきこ。大池、沼池】まさに「伊豆の瞳」という言葉がふさわしい。 「伊豆の瞳」と呼ばれる伊豆を代表する天然湖。 伊豆半島では数少ない天然湖で「伊豆の瞳」とも呼ばれる。周囲が森に囲まれた円形の大池と、アシなどに覆われた湿原状の沼池の二つの…

笠松の造成池(岐阜県笠松)

【笠松トンボ天国】造成池という名前ではあるが、人工的に造った目的は何だったのだろう。木曽川堤防のかたわらにある小型の河跡湖群。 トンボ池から中池、まこも池、古池と連続的につながっており、木曽川笠松河跡湖群とでもいう池群を構成。これらの池に、…

室沢新沼(群馬県前橋)

【むろさわしんぬま。大林沼】ラビリンス堰が近くて幸せ。 「ラビリンス」な洪水吐を間近で堪能。 沼という名だが完全に人工の溜め池である。昔の名は大林沼。 オリジナルの大林沼は明治時代に築造された農業用ため池。その後、大正、昭和と発展的な改修が行…

大瀬神池(静岡県沼津)

おおせかみいけ。この神感・・ありえない立地。そして淡水が保たれているのも謎。池の周囲の海岸に後光のような光も見える。 伊豆七不思議。ありえない立地の霊池は、人気パワースポットに。 死ぬ。あるいは精神に異常をきたす。さもなくば不慮の災難に遭う…

鞍掛沼(秋田県潟上)

【鞍掛沼公園】 水辺公園と一体化した道の駅。公園には鞍掛沼公園と、池名が冠せられている。 スポーツ施設、レストラン、展望タワー、グランドゴルフ場に日帰り温泉などが池畔にちりばめられ、バーベキューもできるというから贅沢この上ない。 主要構成要素…

美登鯉橋の舟溜り(岐阜県大垣)

映画化された『聲の形』の重要なシーンでたびたび登場する美登鯉橋は、水辺空間としても魅力的なたたずまい。 地下水に恵まれた「水都」は、映画の舞台がよく似合う。 ちょうど美登鯉橋のあたりが水門川と運河の合流地点で広がりのある池状の空間になってい…

古池の長池(兵庫県相生)

相生市街地の辺縁にある池。地名は古池だが池の名は長池ということで「古池の長池」となる。 江戸時代に築造された農業用溜め池で、1990年代に小学校建設のために池の半分が埋めたてられた。なるほど航空写真をじっと見ると、現在の池の倍ほどの昔の形状が浮…

藤見池・乙女池(兵庫県明石)

【兵庫県立明石公園】御母衣ダムの水底に沈んだ老桜の生まれ変わりが池畔に立つ。明石城趾を中心に球場やサッカースタジアム、博物館、図書館などをそなえた明石公園は、明石駅の真正面という立地。 駅側はお堀が道路とのあいだに水面をたたえ、公園内には剛…

布引五本松ダム(兵庫県神戸)

布引貯水池。布引五本松堰堤。 ありえない立地。そこに日本初の重力式コンクリートダムが。 タワーマンションをはじめビルが海に向けて立ちならぶ新幹線・新神戸駅前。日本を代表する国際都市の玄関口である。 ところが駅の裏手にまわると、クルマの音のかわ…

高原池(岡山県美作)

【たかはらいけ】高原キャンプ場。工事に伴い、かなりの減水状態。池岸を走る抜け道も通行止め。池に会うために、かなりの迂回を強いられた。池底に置いてあるのは海洋センターの浮き桟橋と思われる。池の名自体が「高原」というさわやかな響きをもっている…

深蛇池(和歌山県友ヶ島)

【しんじゃいけ。深蛇池湿地帯植物群落】三方を山に囲まれ、海に向かって開口部。水質の異なる二つの池からなる。紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島(ともがしま)に二つある池のひとつで、沼を含めた湿地帯が「深蛇池湿地帯植物群落」として県の天然記念物に指定。 成…

廃墟感のある水辺

(島沼のほとりにある松尾鉱山緑が丘団地)廃墟を伴う水辺や、廃墟的な空気の漂う水辺を集めてみました。 島沼(岩手県八幡平)★★★★★幻の雲上都市も夢の跡。 大池遊園(和歌山県紀の川)★★★駅あり池を渡る鉄橋ありのリッチな廃墟感。 化女沼(宮城県大崎)隣…

蛇ヶ池(和歌山県友ヶ島)

【じゃがいけ。蛇池】前後を海、左右を山にはさまれたミステリアスな立地の蛇ヶ池。まさに奇跡の池だ。 ラピュタの島にたたずむ大蛇伝説の池。 紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島(ともがしま)に二つある池のひとつ。無人島の友ヶ島には戦時中の海上要塞が廃墟として…

馬島の池(愛媛県)

馬島の池。向こうに見えるのは、しまなみ海道。 島への上陸ルートは、なんとエレベーター。 瀬戸内海に浮かぶ島。先日は牛島の池を紹介したが、今回は馬島の池。 馬島はしまなみ海道をつなぐ橋の足がかりになっており、巨大な橋脚が小さな島を踏みつけている…

荒池(愛知県名古屋)

昭和の残り香あふれる健康センターが池畔に。 都市部にありながら周囲をすっぽりと木々に囲まれた荒池は、いかにも魚が釣れそうな雰囲気が漂う野池。初夏の風が吹くようになるとヒシモがびっしり生えて釣りがしにくくなるそうだ。2000年ごろまではライギョも…

笠松の古池・まこも池・中池(岐阜県笠松)

【笠松トンボ天国】古池では、へらぶな釣り師の姿も。木曽川堤防のかたわらにある小型の河跡湖群。 トンボ池から中池、まこも池、古池と連続的につながっており、木曽川笠松河跡湖群とでもいう池群を構成。これらの池に、ため池、造成池の二つの池を加えた河…

土木遺産・産業遺産の水辺

東洋のマチュピチュと鉱山廃墟跡の道の駅にはさまれた鹿森ダム(愛媛) 水辺を支える叡智と土木技術。 日本の池・湖沼の99パーセント以上(※水辺遍路試算)は人の手が生みだしたというと驚かれるだろうか。 わずか1パーセントに満たない天然湖沼でさえも、そ…

笠松トンボ池(岐阜県笠松)

【笠松トンボ天国】池畔に居並ぶ聖牛は、この池がもともと木曽川本流だったことの名残り。木曽川堤防のかたわらにある小型の河跡湖。河川改修ではなく木曽川の河筋が変わったことで生まれたというから、天然沼沢に分類されようか。 中池、まこも池、古池と連…

信玄堤公園(山梨県甲斐)

水を治める努力の歴史が、ここ甲斐には各所に見てとることができる。 水と戦い水を受け入れてきた聖牛は、元祖グリーンインフラ。 戦国時代以来、甲斐の国が戦いつづけてきた最大の難敵は、他国や人ではなく、この国を貫流する釜無川だったともいえる。 この…

世界遺産・天然記念物の水辺

水辺に棲む天然記念物の動植物湖沼自体が世界遺産や天然記念物、ラムサール条約登録になっている水辺や、天然記念物の動植物を有する水辺。また、生物学、地質学など、学術的に重視されている湖沼を、水辺遍路に掲載している水辺から地域別に集めてみました…

鉄水溜(群馬県富岡)

【てっすいりゅう】 周囲長15.2m、深さ2.4mの鉄製の池・・その名も鉄水溜(てっすいりゅう)! 世界遺産の富岡製糸場の中にある。 いろいろな池を見てきたが、輸入鋼材を造船技術のリベット接合で組み上げたという国指定重要文化財の池は初めて。溜め池の「…

伝説・歴史・城郭の水辺

玉虫沼(山形県)は謎の死を遂げた美しき奥女中の伝説が。今でも毎年5月20日の黎明には水面を掃き清める姿が現れるという。 歴史・伝説の水辺めぐり。城郭の堀や城内の池も。 水辺遍路に掲載している湖沼から、歴史とともにあった池や水辺をまとめてみました…

姥が池(栃木県芳賀)

【うばがいけ。弁天池。姥が池ロマン公園】めぐらされた水路に見えてしまう姥が池。じつは橋がかかっているところは池に浮かぶ島、という設定。池の周囲は公園として整備されているが、公園名の「姥が池ロマン公園」から、老女のロマンスなどを妄想しかけて…

鷲林寺の弁天池(兵庫県西宮)

きれいな切石で石組み護岸された弁天島をもつ。コンクリート製の橋は鉄パイプの手すり付き。けっこう新しく改修されたものと思われる。 牛女の池。しかし池界のスーパースター空海ここにも!! 六甲の山のなかにある鷲林寺(しゅうりんじ)の境内にある、そ…

上五日市堤(仮称)(秋田県大館)

池の向こうに比内町の集落。どこに池があるか分かれば、かなりの池好き。現在は大館市に編入されている比内町にある池。八面沢ダムを筆頭に農業用の溜め池が多いエリアでもある。 比内町といえば日本三大地鶏のひとつ「比内地鶏」の産地だが水田も多い。 雪…

八面沢ダム(秋田県大館)

やつらざわだむ。しんと張りつめた空気のなか、白銀の湖面に赤い取水塔が冴える。美しい。ダムスペックを誇る農業用の溜め池。湖周長1kmクラス。 新雪でパッケージされたような堰体。白銀の湖面。モノクロームの世界の中で、赤い取水塔が凜としてどこか神々…

打越池(香川県丸亀)

うちこしいけ。堤の向こうに讃岐富士が美しい。打越池は中堤をもった溜め池に見えたが、じつは打越上池と打越下池の二段のかさね池で、それぞれの堤に斜樋つきの取水設備が設けられている。 上池はゲート付きの立派な水門もあり、底樋を使わなくても池の大部…

池山池(高知県室戸)

麓では「池山さん」とも呼ばれている池山神社が島のように浮かんでいた。地元の人でも見たことがないと、口をそろえて言う。タクシーの運転手さんも、居酒屋のご主人も、見たことがないという。この池に魅せられつつも会えるまでに25年を要したと言う人もい…

路谷池(兵庫県淡路)

ろだにいけ、ろたにいけ。 淡路島北部の主要ため池のひとつ。 一帯には河内ダムをはじめ、ダムスペックの大型の溜め池もある。ここ路谷池も古い資料では堤高16mとなっている。見た目でもじゅうぶんハイダムスペックを満たしていると納得できるが、じつは溜め…