水辺遍路

実踏・日本の湖沼 6,200湖

横尾池(兵庫県相生)

新幹線も停車する相生駅から700mほどの住宅地の中に立地し、横尾池公園として整備され、駐車場、トイレ、大すべり台、広場も。 池はニュータウン造成時に整備された調整池のようだが、親水機能も併せもち、コンクリート護岸下の土の岸を歩けるようになってい…

大吉調整池(埼玉県越谷)

首都圏のベッドタウンの中にある洪水調整池で、ゆるやかなすり鉢状の広大な遊水ゾーン一帯を公園風に整備し、一般開放されている。 都市バードウォッチャーにはかっこうのフィールド。へらぶなも生息しているようだが、釣り人の姿は見あたらない。調整池のす…

尾白利加ダム(北海道雨竜)

おしらりかだむ。暑寒湖。 難読の尾白利加(おしらりか)は川の名前。 4月下旬の通水式から6月の満水を経て9月上旬の断水式まで農業用水を供給。断水式後、水が抜かれる。 堰体天端上は1.5車線の舗装路となり、堰体サイドの設けられた長い余水吐の下側にはオ…

苫前ダム(北海道苫前)

とままえだむ。 ダム名にはならなかった川と土地の名が刻む12月9日の惨劇。 苫前ダムは三毛別川上流に1991年に竣工した重力式コンクリートダム。町名そのものが冠せられているが、立地的には苫前の町からは20km以上も離れている。 ダムは三毛別山を南に擁し…

世増ダム(青森県八戸)

よまさりだむ。青葉湖。 青森県はダムが驚くほど少ない。平家伝承にちなんで公募で青葉湖と名付けられた貯水池は、地形のせいか実際に見た感じでは大きさのインパクトは感じないが、それでも青森では最新スペックの津軽ダムに次いでトップクラスの貯水量らし…

川迫ダム(奈良県天川)

こうせだむ。 楽しては得られぬ「ダム行者」の境地。 紀伊半島の奥深く、季節になると今なお白装束の行者さんの姿であふれる奈良県天川村。 天川といえば行者の宿としてひっそりと営業をつづけてきた洞川温泉が近年、若い人や外国人といった行者とは縁のない…

珍名・難読の水辺

おもしろい名前の水辺、難読名称の水辺を集めてみました。bunbun.hatenablog.com bunbun.hatenablog.com bunbun.hatenablog.com bunbun.hatenablog.com bunbun.hatenablog.com ジル蔵池(高知県芸西) ちんまヶ池(岐阜県高山)「ちんま」は若い娘の名。 漫…

大正池(千葉県館山)

2014年の初訪問の際、二車線のきれいなアプローチ路は、私有地につき進入禁止ということになっていた。ため池を作る工事をしています、との看板もあった。3年たった2017年、再度、挑戦。やはり立入禁止は立入禁止。上の写真と同じ場所だが、上下開閉式のチェ…

鹿ノ丸堤(長崎県東彼杵)

かのまるつつみ。かのまる池。 捕鯨で財をなした儀太夫家の寄進によって造られた池。 池のむこうに見えるオーストラリアのエアーズロックのような山の容姿と、石積み護岸の取り合わせに味わいがある。訪れたときは折しも稲の刈り入れが終わったばかりで、天…

蕪池(長崎県東彼杵)

蕪堤。 三井木場池、中池、蕪池で三段重連になっているのかと思っていたが、そうではなかった。古くからある集落の名に「蕪(かぶら)」があるので、この池も同じ読みをするのではないかと推察される。 隣接する中池のインレット側と蕪池のインレットが顔を…

中池(長崎県東彼杵)

中堤。 自衛隊演習場横の農地に三井木場池、中池(中堤)、蕪池(蕪堤)、鹿ノ丸池(かのまる池・鹿ノ丸堤)が集結し、とても魅力的な野池群を形成している。 中池は蕪池と隣接するが上下の関係はない。 幅広の洪水吐から流れ出た水は下の三井木場池へと流れ…

ジョガマル池(徳島県板野)

四国で、もっとも古い池ともいわれる。 池底から1000年前の堆積物も確認され、四国でもっとも古い池ではないかといわれている。環境省の重要湿地500に選ばれ、絶滅危惧種ノグサの徳島県唯一の生息地となっている。 県道から分岐するアプローチ路は入口がやや…

豊島明神池の下の池(香川県豊島)

明神池の堰体の下側にある小さな池。海をのぞむ棚田に溶け込むような池である。ただ、改修中なのか、水位が落とされていた。 一帯の棚田は水田の耕作復活に向けて整備を進められているというので、その一環かもしれない。棚田の一部を利用してコスモスが植え…

明神池(香川県豊島)

海岸から斜面をかけのぼる棚田の上に造られた溜め池。 小さな島の池には、ときどき、はっとさせられるような池がある。そんな池に出会えたときうれしさは、離島の池めぐりの醍醐味にちがいない。 とはいってもどこか「再生」の匂い。護岸がすべてコンクリー…

落合ダム(岡山県吉備中央)

おちあいだむ。 ダムサイトへのアプローチ路は広域農道から枝道へと入る。舗装路ではあるが少々分かりにくく、途中、荒れている場所もあって、両側から伸び放題の草をバンパーでかきわけるように進んだ。 その分、人の気配もなくひっそりとしたダム湖で、あ…

小堤池(島根県安来)

近くに山辺大堤という池があり、大堤池と小堤池のセット池と思われるので、山辺小堤という呼び方が正しいかもしれない。 アクセス路は狭い。大堤の方もクルマでは近づくことができなかった。 堤の奥に石碑と祠があり、水も淀んで、あまりそちらの方には近づ…

皿池(兵庫県小野)

男池、女池、皿池の三つの池が肩を寄せ合うようなかっこうで立地。たおやかな里池・里山の景観が素晴らしい。 道をはさんで向かい側は女池。いずれの池も10月から3月末までは野鳥保護のため釣り禁止。 右は皿池。左は女池。

北池(兵庫県加古)

いなみ野ため池ミュージアム。 へらぶな釣り東播(とうばん)スタイル? 北池は、全国ため池100選にも選定されている「いなみ野ため池ミュージアム」の構成要素の水辺。釣りもカヤックも公認された駐車場完備の野池パラダイスだ。 へらぶな釣り師、バサーと…

加古大池(兵庫県加古)

いなみ野ため池ミュージアム。中池、跡池、五軒屋池、大池。 野池群がそのままミュージアム。これぞ、ため池の別天地。 兵庫県は全国21万余のため池の四分の一近くを保有するため池王国。この王国の中でも有数の池密集ゾーンがこの一帯、東播エリアである。 …

神谷ダム(兵庫県姫路)

こたにだむ。神谷池。 池の異端児なのか先端児か? 池のまわりの地形がおかしい。あるはずの流入河川もなければ、水源涵養林らしきものも見あたらない。 ダム湖を縁取る山は奥行きがなく、切れ落ちた山の向こうには町と農地が広がっている。ダム湖から3kmほ…

幡水池(兵庫県加古川)

定期的な水抜きが地元のイベントに。 地元では「蓮池」とも。総合運動公園が隣接し、駐車場も充実。 近隣の池と交互に隔年で定期的な水抜きが行われ、参加自由のちょっとしたイベントとなっている。地元では「かいぼり」「池干し」と呼ぶ。 池でとれた魚やエ…

下湯ダム(青森県青森)

しもゆだむ。下湯平成湖。 主ダムと副ダムをもつ県営の防災ダム。 主ダムと副ダムの二つのダムが谷を堰くやや複雑な構造をもっているが、両ダムともにロックフィルダムなので、県道側のダムサイトからちょっと見たぶんには洪水吐を真ん中に置いた一つのダム…

又八沼(青森県青森)

絶滅危惧種シナイモツゴが自然分布する北限の池。 ここ又八沼は絶滅危惧種であるシナイモツゴの自然繁殖が確認されている日本北限の池として、青森市の天然記念物に認定されている。 シナイモツゴはもともと東日本の水路や池などに広く生息していたが、近縁…

広田堰(千葉県南房総)

広田ダム、海老敷第一堰、海老敷の堰。 見えないところが奥深い。崖に穿たれた割れ目の奥には・・。 そもそも呼び名の多い池である。広田ダム、海老敷第一堰、海老敷の堰、広田堰。どれもこの池の名前。 海老敷金比羅山の懐に抱かれた農業用のため池で、谷を…

海老敷第二堰(千葉県南房総)

三度もオートバイを投入してやっと姿を捉えることができた池。 初回のアプローチではKLX125というオートバイ、二度目のアタックではKSR110、三度目はDトラッカー125と、なぜかカワサキの似たようなバイクばかり。 三度目はバイクに空撮機材を搭載する必勝態…

市部堰(千葉県南房総)

高速道路の高架が池をまたぐ。現地の看板には「防火用の堰」との記述があったが、防火用水専用でこれだけ大きな貯水池は必要なさそうなので、もともとは農業用のため池だったのではないかと思う。 ブラックバス釣りで人気の池であるが、現在、堰堤部は立入禁…

横竹ダム(佐賀県嬉野)

よこたけだむ。 洪水調節を主目的とした県管理の治水ダム。 桜の中でもグリーンの花をつけるちょっと変わった御衣黄桜(ぎょいこうざくら)がダムサイトに277本も植樹されている。御衣黄桜は京都がルーツらしく、ダムのある土地とゆかりがあるわけではなさそ…

和田堀池(東京都杉並)

和田堀公園。 2017年秋に池の歴史上初の、かいぼりでライギョが。 子どものころの手に汗にぎる興奮と思い出を胸に、全国あちこちのヘビーカバーの池でフロッグを投げてきたが、なかなか会うことができないライギョ。かろうじて懐かしい姿を見ることができた…

梶毛ダム(広島県広島)

かじけだむ。 梶毛ダムは左岸側にレイクサイド公園、駐車場あり。ニューターンの中の瀟洒なダム公園になっている。 柵を越えての貯水池内に入ることを禁じる看板があるので、事実上、釣り禁止と考えた方がよさそう。 ダムカードあり。すり鉢状のダム湖を見お…

魚切ダム(広島県広島)

うおきりだむ。窓竜湖。 広島市の山間部にある多目的ダム。貯水池名は窓竜湖。 魚切(うおきり)とはまた魅力的な名である。滝などに「魚留めの滝」などと名付けられる事例は多いが、「魚切」とはまた、いさぎよい。 湖名の「窓竜湖」(そうりゅうこ)の方は…