水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,050湖

西ノ湖(栃木県日光)

さいのこ。
f:id:cippillo:20181012080150j:plain

「遺留湖」という成因。

中禅寺湖のインレットにあたる千手ヶ浜の奥に位置する、湖周1500m級の天然湖。というより、もとは中禅寺湖の湖頭にあたるところが、土砂堆積か山体崩落による堰き止めによって分離して生まれたと考えられている。
海ならば海跡湖、川ならば河跡湖(三日月湖)のカテゴリに入るものだが、湖の場合はどのような分類名になるのだろう。湖跡湖?
ウィキペディアには「遺留湖」という言葉が出ているが、はじめて聞いた。調べてみても西ノ湖の説明以外には見あたらない。造語かもしれないが何となく雰囲気が伝わるので悪くない。
それにしても、マイカー規制に伴う低公害型シャトルバスの終点がある千手ヶ浜千手ヶ原一帯はかつて湖底にあったのかと思うと、中禅寺湖はまさに日本一のスケールをもつ山上湖と唸らされる。
西ノ湖の手前側だけでなく奥側もフラットな地形になっているが、そのあたりまで太古の中禅寺湖の領域が広がっていたということか。
ラムサール条約登録湿地

f:id:cippillo:20181011192646j:plain
奥日光の水辺めぐりマップ ver3.01。水辺遍路謹製。

アプローチはシャトルバス利用か、自転車+徒歩で。

西ノ湖に会うには、中禅寺湖や湯の湖のようにマイカーで手軽に、というわけにはいかない。7kmほどの舗装アプローチ路がマイカー規制になっているため、シャトルバスを利用するのが一般的。
ただ徒歩のほか自転車で入ることも認められているので、無料の竜頭滝上駐車場にクルマを停め、そこから折りたたみ自転車などを投入すればバス時刻を気にすることもなく、マイペースで楽しめるだろう。ただ多少のアップダウンはあるし、ほとんどバスしか通らない舗装林道とはいえ、道幅は狭いのでサイクリングの際は安全に注意を。
また、シャトルバスの運転手さんの話では、明るい晴れた日中以外はけっこう熊が出没するというので単独行での徒歩、自転車は用心を。
シャトルバスの起点は赤沼車庫でそちらにも無料の県営駐車場がある。
今回、竜頭滝上駐車場から徒歩で向かったが、マイカー規制区間に入ったところで折りよくバスが来たので、そのまま乗車した。7kmほどバスに揺られ、西ノ湖入口というバス停で下車。ここから小さな吊り橋を渡り、徒歩20分ほど。ゆっくり歩いても30分で西ノ湖に着く。
秘湖と呼びたくなる静寂の水辺が待っていてくれた。

f:id:cippillo:20181012083707j:plain

f:id:cippillo:20181012083708j:plainf:id:cippillo:20181012083710j:plainf:id:cippillo:20181012083704j:plain
西ノ湖への遊歩道と西ノ湖入口のバス時刻表。


f:id:cippillo:20181012083706j:plain

f:id:cippillo:20181012083700j:plainf:id:cippillo:20181012083702j:plainf:id:cippillo:20181012083703j:plainf:id:cippillo:20181012083709j:plain
案内板。


f:id:cippillo:20181012083705j:plain

f:id:cippillo:20181012083701j:plainf:id:cippillo:20181012083659j:plainf:id:cippillo:20181012083658j:plain
竜頭滝(左)、中禅寺湖に注ぐ川(中)、竜頭滝上駐車場(右)


f:id:cippillo:20181012080153j:plainf:id:cippillo:20181012080151j:plainf:id:cippillo:20181012080147j:plainf:id:cippillo:20181012080152j:plain


マークした場所は西ノ湖登山口。

中禅寺湖(栃木県日光)

f:id:cippillo:20181012080148j:plain
インレット側から見た中禅寺湖。森を抜けて二本の流入河川があるのが分かる。中禅寺湖のトラウトはここを遡上し産卵するため通年、禁漁区となっている。左手は男体山。

天然湖として日本最高所にある元祖レジャーレイク。

これまで五千以上の湖沼をこのブログで紹介してきたが、ここ中禅寺湖については長らく手をつけることができないままだった。
その成り立ちや自然、文化、そして現代におけるレジャー性を含め、中禅寺湖は日本の湖沼の歴史的横綱と言い切ってよい存在である。
おもしろいことに、中禅寺湖の近代的価値を発見したのは日本人ではなく、明治時代にここを訪れた外国人によってであった。それまでわが国には宗教的に味付けされた物見遊山はあれど、中禅寺湖のような広大で茫漠たる「風景」に価値を見いだし、レジャーや文化の対象として見る文化はなかった。そういう意味で「中禅寺湖の発見」は、日本の天然湖沼に初めて外来的な「風景」を移流した事件といえるのではないかと思う。
私がオートバイの免許をとったとき、最初にめざしたのは中禅寺湖だった。1990年ごろだ。深夜に出発して日光街道を延々と北上した。その暗く孤独な夜道については昨日のことのように覚えていても、目的地だった中禅寺湖については何も覚えていないし、そもそもなぜ中禅寺湖をめざしたのかも今となっては分からない。中禅寺湖に行く、という行動だけが重要だったのかもしれない。
その後も数え切れないぐらいオートバイで中禅寺湖に行った。ただ、一枚も中禅寺湖の写真が残っていない。不思議なものだ。初見から四半世紀以上、何度行っても、会ったその相手の顔が思い出せないのだ。
今となっても中禅寺湖に対しては、そんなことしか言えない。いつか何か言えるようになるかもしれないし、ならないかもしれない。
中禅寺湖は誰をも受け入れてくれる。けれども、心を開くことはない。

f:id:cippillo:20161009172653j:plainf:id:cippillo:20161009172651j:plain

 

釣りの対象魚となるトラウト類は、すべて放流によるもの。

中禅寺湖には、もともと生息魚類はいなかったのではないかという意見もある。魚が行き来できる下界とは華厳の滝が厳然と立ちはだかり、天上の湖は動物を捕食する者にとっては標高が高すぎて餌となる生物が少なすぎるのだ。
現在、中禅寺湖に生息するブラウントラウト、ホンマス、ヒメマスなどは人の手で移流されたものの子孫である。ヒメマスは支笏湖から移流し、現在では国内最大の繁殖地となっている。ヒメマスはベニザケが陸封されたもので、マス類ではもっとも美味とされる。もとは阿寒湖原産。のちに支笏湖に移流された歴史をもつ。
福島の原発事故以来、放射能の問題で禁漁がつづいていたが、現在は釣り場として復活している。
広大な水辺ゆえ、中禅寺湖らしい中禅寺湖をファインダーにおさめることのできる場所は少ないが、半月山展望台は、中禅寺湖を見おろす絶景ポイントとして、ぜひとも行きたい場所である。


f:id:cippillo:20181011192646j:plain
奥日光の水辺めぐりマップ ver3.01。水辺遍路謹製。


f:id:cippillo:20181012083659j:plain
中禅寺湖に注ぎ込む流入河川。


マークした場所は中禅寺湖の絶景ポイントである半月山展望台の駐車場。

湯の湖(栃木県日光)

日光湯ノ湖。
f:id:cippillo:20161004193245j:plain

温泉が流れ込む湖ながら、ブルックトラウト国内発祥の水辺。

その名のとおり温泉がせせらぎとなって流れ込んでいるため、湖口近くは湯気が立ちこめ、幻想的な水の色を見せる。
湖畔はボートやレストハウス、広場などが整備され、駐車場、トイレ、ホテル内のコンビニなど設備も充実。登山やハイキング、釣りの拠点として車中泊スポットとしても人気。
インレット側には奥日光の総湯ともいえる湯元の温泉街があり、最奥部には湯の湖に流れ込む温泉水の水源池もある。
明治時代にブルックトラウト(カワマス)が初めて日本に放たれたという由緒ある湖だけあって、休日には陸っぱりや貸ボート利用のフライマンやルアーマンがぞくぞくと入釣するので釣果的にはシビアな面もある。釣りには入漁料が必要。
貴重な湿地性植物と水鳥も多く、湖を含めた一帯はラムサール条約登録湿地に認定。

f:id:cippillo:20181011151017j:plain
湯の湖全景。手前が湯元の温泉街。


f:id:cippillo:20181011171042j:plain

f:id:cippillo:20161004193246j:plainf:id:cippillo:20161004193247j:plainf:id:cippillo:20161004193252j:plainf:id:cippillo:20161004193254j:plain
貸ボートも充実。


f:id:cippillo:20181011171041j:plain
日光山温泉寺。


f:id:cippillo:20161004193243j:plainf:id:cippillo:20161004193244j:plain
温泉が流れ込んでいるあたりは水の色が不思議な感じ。


f:id:cippillo:20181011151016j:plain
湯の湖から流れ落ちた水は戦国原を貫流し、奥に見える中禅寺湖に注ぎ込む。


f:id:cippillo:20181011171040j:plain
金精峠から見た湯の湖。


f:id:cippillo:20161004193249j:plain

f:id:cippillo:20161004193251j:plainf:id:cippillo:20161004193253j:plainf:id:cippillo:20161004193256j:plain
案内板。


f:id:cippillo:20181011151018j:plain
特徴的な半島は兎島といい、釣りの好ポイントになっている。


f:id:cippillo:20161004193250j:plainf:id:cippillo:20161004193255j:plainf:id:cippillo:20181011171044j:plainf:id:cippillo:20181011171043j:plain
湖畔のレストハウスと駐車場。


f:id:cippillo:20181011192646j:plain
奥日光の水辺めぐりマップ ver3.01。水辺遍路謹製。


マークした場所は駐車場。

f:id:cippillo:20161004114407j:plain