水辺遍路

実踏・日本の湖沼 7,050湖

五ツ下池・五ツ上池(岡山県岡山)

f:id:cippillo:20180214085847j:plainf:id:cippillo:20180214085846j:plain
このヤブ穴をくぐれば池があるはずだが

ナビゲーションは確かに、そこが池へのアプローチ路への分岐であることを示している。
ここは貝殻山の尾根を走る県道。観光道路的なスカイラインの雰囲気をもっている。
ここは四段のため池とスカイラインが接するポイント。
玉野野池群のひとつだが、この県道が岡山市と玉野市との市境とほぼかさなるため、道の左右の池たちは玉野市だったり岡山市だったりする。
バイクを置いてあたりを歩いてみるが、やはり他に進入路らしきものは見あたらない。となると、ヤブにあいた獣道のようなこの穴が池への入口か。・・厳しい。
県道を東に2kmほど進んでいくと貝殻山頂と公衆トイレ付きの駐車場がある。野池フットパスやランガンサイクリングの拠点にうってつけ。
岡山の野池の名称については、岡山市の防災情報GISサイトがくわしい。

f:id:cippillo:20180214085848j:plain
貝殻山頂の駐車場とトイレ

家浦一号池(香川県豊島)

f:id:cippillo:20180211085621j:plain

豊島野池群で最大のため池。

320あるという豊島野池群で最大のため池である。築造からおよそ一世紀、島の水がめとして田畑を潤してきた風格が漂う。湖面を渡ってくる風は穏やかだ。四年の歳月をかけた平成の大規模改修が平成21年に完了。池底の浚渫と堰体の補強が行われた。
家浦港からも1kmほどと近いので、集落の路地を抜け風情を楽しみながら徒歩で行くのがいちばんだが、堰体上に駐車スペースもあるのでレンタルサイクルやレンタル電動バイクでのアクセスも可能。ただ、レンタル店としては、道が狭く事故に対する心配から推奨はできないとのことだった。島には救急病院がないのである。
ぜひとも釣り糸を垂らしてみたい池だったが、堰体に関係者以外立入禁止の掲示があった。

f:id:cippillo:20180211085616j:plainf:id:cippillo:20180211085617j:plain
洪水吐と堰体


f:id:cippillo:20180211085622j:plainf:id:cippillo:20180211085619j:plain
関係者以外立入禁止の掲示


f:id:cippillo:20180211085618j:plainf:id:cippillo:20180211085620j:plain
駐車スペースと改修記念碑


f:id:cippillo:20180214085843j:plainf:id:cippillo:20180214085842j:plain
家浦港から歩いて数分のレンタルバイク店


f:id:cippillo:20180214085845j:plain
家浦港とフェリー
f:id:cippillo:20180214085844j:plainf:id:cippillo:20180214085841j:plain


マークした場所は駐車スペース。

壇山の池(仮称)(香川県豊島)

f:id:cippillo:20180211085610j:plain

豊島野池群ではもっとも高い標高に。

島の最高峰である壇山の山頂展望台からフライト8分。
瀬戸内海に浮かぶ豊島はアートの島として、港近くの集落や海岸沿いの道には海外からの観光客が多い。
島の最高峰である標高340mの壇山の山頂近くにあるこの池にまでやって来ると、観光客の姿はなくひっそりしていた。舗装路が通じており気合があれば自転車でも上れるがレンタルの電動バイクが快適。
堤や取水設備は確認できていないものの、形状は人工感があり、農業用のため池と思われる。掘り込んで造られたものだろうか。山の上にあるので管理もたいへんそうだが、農家の軽トラックが一台停まっていた。

f:id:cippillo:20180211085611j:plainf:id:cippillo:20180211085612j:plain
f:id:cippillo:20171202121705j:plain
壇山頂上にある展望台


f:id:cippillo:20171202121707j:plain
中央が壇山の頂上


f:id:cippillo:20180211085615j:plain
壇山展望台からの景観
f:id:cippillo:20180211085613j:plainf:id:cippillo:20180211085614j:plain